南帝ラヂヲ

南朝・後南朝に関連する史蹟の現状を保存していきます。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉川宮

2012 - 10/09 [Tue] - 15:23







鳥取駅から自転車で15分ほど南東に走ると、標高100mほどの小山が見えてきます。もう少し東の方になりますが、その辺りには奈良時代より因幡国府がありました。国司として赴任した都びとたちがこの山に天香具山の面影を見て歌を残したことにちなんで、面影山と名づけられたそうです。

さてその南麓に神社があります。名を「櫻谷神社」と申し上げます。神社自体は地域の鎮守様といった趣でごく小さなお社です。しかし参道入口の鳥居の脇にある白い標柱の文字に目が釘づけになります(写真左)。曰く「伝承第九十八代長慶天皇御陵」。もちろんこれが目当てで来たのですが、かなり新しい標柱なのに驚きます。地元では大切にされていることがうかがえます。細い参道を進むと、神社の手前に手作りの標識があり、そちらに入ります。周囲は藪が生い茂って日もあまりさしこまないので少しじめじめしているのですが、上空はぽっかりと空いていて明るい雰囲気があります。そこに、三基の宝筺印塔がならんでいます(写真中左)。どれがどなたのものかはっきりしませんが、案内看板によりますと、ここには、長慶天皇・玉川宮・東御方が眠っておられるそうです。

長慶天皇には世泰・海門承朝といった皇子がいたことが確認されていますが、いま一人、実名不詳の「玉川宮」と称する皇子がいました。長慶天皇の系統は概して足利幕府には従順で、玉川宮は、出家こそしないまでも当時の朝廷の中でいろいろと交流があったようです。後に足利義教のときには娘を室町御所に出仕させたりもしています。これが史料に「東御方」として現れる方です。史料が少ないので玉川宮の消息は断片的にしかわかりませんが、嘉吉3年5月7日の小倉宮聖承の薨去を受けて書かれた同9日付の建内記に「玉川宮は因幡に遷られた」とあるのが同時代史料で確認できる最後です。面影山の北麓には玉川八幡宮があったそうです(写真中右)。因幡に遷った玉川宮がこの地に隠棲して余生を送られたという伝承が残っています。

そもそも、なぜにこの地なのか?という疑問が残ります。その参考になるのが、長慶天皇の伝説なのです。この玉川八幡宮址のすぐ近くに「長慶庵」なる小寺があります。その伝によりますと、この地にはもともと行基によって開かれた寺がありましたが廃れてしまっていたのを、正寛法師がやって来て再興したそうです。その後、南北朝合一とともに諸国を流浪していた長慶天皇がその身を寄せ、この地に隠棲して崩御したということです。この正寛法師は、もと赤松の郎党であり父の仇・楠木正儀に復讐しようとして果たせず、正儀の慈悲深さに心打たれて出家した和田正寛(宇野六郎の子・熊王)でした(吉野拾遺)。もちろん正寛法師のその後は不明ですので、この地にやって来た可能性も否定できませんが、そもそも実在したかどうかさえ危ぶまれる人物、やや現実性に乏しい感は否めません。

むしろ現地に伝わるいま一つの伝承の方がすっきりしています。曰く、嵯峨野の地を脱せられて丹波千年山におられた長慶天皇を、因幡守護の山名氏が因幡にお遷ししてこの地に庇護し、長慶天皇は同地で崩御された云々。山名氏は足利幕府においては重鎮でしたが叛服常ならない勢力でした。幕府との関係が悪化すると、南朝に降って大義を手に入れて戦っています。山名宗全は、後に応仁の乱において西陣南帝を戴いて、東軍と戦っています。その先鞭ということで玉川宮をひそかに匿ったということは大いにあることだと思います。もっとも、最終的には西陣南帝を担いでいることから、玉川宮は応仁の乱以前に亡くなっていたのでしょう。

いま一人、東御方は、先述のごとく足利義教の室町第に側室として入りました。しかし後に不義密通の疑いをかけられ、永享9年に流罪に処せられてしまいます。ちょうど義教の弟・大覚寺義昭が謀叛を企てて出奔した直後だけに、政治的陰謀であることが濃厚です。配流先は不明ですが、東御方はそのまま史的消息を絶ちました。因幡のこの地にたどり着き、余生を穏やかに過ごしていればいいな、と思わせる墓所でした。

スポンサーサイト

観修寺

2011 - 09/07 [Wed] - 15:55



宇治・六地蔵から山科に抜ける京都市地下鉄東西線沿線約10kmの小盆地は、平安時代より藤原氏の所領でした。その中間あたりの東麓に醍醐寺が(写真)、そして歩いて半時間ほどの西麓に観修寺が創建されました。特に観修寺は創建者である藤原高藤の子孫たち(観修寺流と称す)の拠り所でした。ちなみにこの観修寺流に属する家としては、吉田(甘露寺)・万里小路・中御門・葉室・上杉があり、後醍醐天皇の側近グループを構成しています。観修寺には持明院統の後伏見天皇の皇子が長吏となっていましたが、醍醐寺に文観を入れて、目と鼻の先の観修寺をも大覚寺統に引き入れようとしていたのかもしれません。

その観修寺の南西、名神高速道路沿い、少し山の中ですが道からほんの数分歩いたところに、霊元天皇皇子・深済法親王の宮内庁管轄の観修寺宮墓地があります。その敷地左手に、やや新しい感じの宝筐印塔が建っています(写真)。これが観修寺惣墓塔です。豊臣秀吉の時代に道路を移設した際、観修寺歴代の墓地を破壊してしまったとかで、明治時代になって新たに供養塔を建てたということです。側面には観修寺歴代長吏の名前が刻まれています。中でも注目すべきは「尊聖大僧正」「教尊大僧正」の文字です(写真)。

尊聖大僧正は史料には「佐山宮尊聖」として現れ、長慶天皇の皇子でした。天授2(1376)年生まれ、出家した年は不明ですが、応永末頃には南都釜山口寺にいました。正長元(1428)年7月28日に観修寺の長吏となります。実はこの応永35/正長元年は政治的に激動の年でした。まず1月18日、4代将軍義持が死にます。後継将軍を決めていなかったため、前代未聞のくじ引きによって6代将軍に義教が決定します。さらに7月20日には称光天皇が嗣子なくして崩じます。これは持明院統の正系が途絶えるという、将軍後継の不在よりもはるかに深刻な事態でした。旧南朝勢力が待ち望んだ状態になったわけです。皇位は大覚寺統に移るかに思われました。

しかし幕府首脳は周到な準備をしていました。伏見宮貞成王の皇子・彦仁王を擁立したのです。皇位はあくまでも持明院統の独占としたわけで、当然に旧南朝勢力は、元中和約違反と激しく反発します。彦仁王擁立の情報をつかんだ後亀山天皇の皇孫・小倉宮(後の聖承)は、子息(後の教尊)を伴って嵯峨野を脱し伊勢国司北畠氏を頼ります。そうして北畠満雅は再び挙兵し、討伐軍と激戦となりました。このような情勢下での観修寺入室の意味は、尊聖が旧南朝勢力に奉戴されないために、あるいは監視をするための方策であったと思われます。

さて数年も経たたない永享2(1430)年11月、突然尊聖は長吏職を免ぜられます。「狂心(=精神の故障)」が理由とされています。ちょうどこの頃、伊勢に出奔していた小倉宮父子が京都に帰って来ました。どのような条件での合意があったのかは明確には知られていませんが、子息が将軍義教の猶子となり「教尊」と名を変えて出家、観修寺長吏に任じられています。経済的な保障もあるし醍醐寺と目と鼻の先で監視もしやすいということもあったのでしょう。尊聖はとばっちりを食って強制的に長吏を辞めさせられた感があります。以降、尊聖は表舞台から姿を消しました。没年はそれほど年月を経ない永享4(1432)年7月、享年57歳、墓所は不明です。

いま一人の教尊大僧正ですが、先述したごとく、「御位競望の宮」と記されたほどの後南朝勢力の中心的な存在でした。しかし観修寺入室以後は、父子ともに幕府体制の中で従順に生きていたようです。護持僧となり、嘉吉元(1441)年6月23日には将軍義教のための祈祷をしています。

ところがその運命は三たび大きく変わることになります。翌24日、赤松満祐が将軍義教を暗殺してしまうのです。いわゆる嘉吉の変です。教尊が望むと望まないとに関わらず、彼の周辺はきな臭くなっていきます。幕府は大混乱に陥りますが、後継将軍にわずか8歳の義勝を立て、何とか満祐を討伐しました。満祐は幕府に対抗するために足利義尊(直冬の孫)を擁立し、さらに朝廷に対抗するため教尊の弟(聖承の末子)を引き入れようともしましたが、聖承は同意しませんでした。なので教尊もその地位を奪われることなく切り抜けたようです。しかし幕府の弱体化は明らかで、嘉吉の乱の2年後の嘉吉3(1443)年には、追い討ちをかけるように義勝が死去します。後継となったのは、これまた幼い8歳の弟・義成(後の義政)でした。

これを好機と見て取った旧南朝勢力がついに動きます。すなはち嘉吉3(1443)年9月23日深夜、神泉苑に集まった200人ほどの武装集団が土御門御所を襲撃したのです。火がかけられ、後花園天皇も斬りつけられて命からがら脱出するなど、大混乱に陥ります。集団は宝剣と神璽を奪うと東の方に去っていきました。これがいはゆる「禁闕の変」です。詳しくはまた後日の記事にゆだねますが、結局頼みとした比叡山が幕府についたために政権転覆までには至らず、集団は玉砕してしまいます。そして翌日から与同者の検挙捕縛が始まりました。その中に、教尊が含まれていたのです。関係があったかどうかというよりも旧南朝勢力をこの際一掃してしまおうという意図で捕縛されたのでしょう。はかばかしい審理もなしに、慌ただしく隠岐流罪が決められました。以後、教尊の消息はわかりません。隠岐で薨じたとされ、知夫里島には供養塔があると聞きます。捕縛されたときに25歳、流罪後すぐに亡くなったとすれば悲哀が漂います。本人の意思よりも周囲の政治情勢に常に翻弄された方でした。恐らく観修寺で仏道修行に励んでいたときが一番幸福なときだったのかも知れません。機会があれば隠岐の供養塔にもお参りしたいものです。

すべてはここから始まった

2011 - 01/22 [Sat] - 14:24



元中9(1392)年10月28日、後亀山天皇は長年住み慣れた吉野行宮を、三種神器を先頭に出立しました。飛鳥橘寺、南都興福寺に宿泊を重ね、同年閏10月2日、遂に京に還幸、嵯峨野大覚寺に入りました。これは足利義満との間で和議が成立したためです。すなはち「南北朝の合体」です。

実質的には南朝の降伏ですから、正統皇位の象徴である三種の神器は北朝方へ渡さなければなりません。神器はいったん大覚寺に安置された後、北朝の内裏に移されました。その神器が置かれていた部屋が正寝殿です(写真左)。

神器の引き渡しは「譲国之儀」によるべき、とは合体の条件でした。しかし当時の記録には、その儀式が行われた形跡がありません。つまり義満は条件を無視したのです。さらに、他の合体条件も棚上げにしてしまいます。

南朝内部の対足利強硬派は、それ見たことかと思ったことでしょう。上皇自身も後悔したかもしれません。それでも上皇は我慢強く耐え忍びました。後年、吉田兼敦に心境を語っています。

「民の憂いを除くため、運を天に任せて決断したのだ」

義満が死んだあと、幕府の旧南朝無視は露骨になりました。両統迭立との条項にもかかわらず、後小松天皇の皇太子に身仁親王を立てたことは、あからさまな違約です。これにはさすがの上皇も我慢ならず、応永17年11月吉野へと出奔、旧南朝勢力に檄を飛ばしました。かくて北畠満雅の挙兵が起こります。

しかし幕府の迅速な措置により満雅は矛を収めてしまいました。打つ手のなくなった上皇は、応永23年9月頃に嵯峨野に戻ったようです。以後は大覚寺で余生を過ごし、応永31年4月12日に薨去。嵯峨鳥居本に御陵が治定されています(写真右)。

以降、旧南朝勢力は幕府に圧迫され続けます。特に6代将軍義教は公然と南朝皇胤断絶策を打ち出してきました。追い詰められた旧南朝勢力は禁欠の変を起こして神器を奪取、奥吉野へ籠もって抵抗を続けることになります。

後南朝の哀史は、まさにこの部屋から始まったと云えましょう。

 

遠州南朝伝説

2011 - 01/11 [Tue] - 22:59



三河吉野朝伝説を訪ねた次の日は、静岡県遠江地方まで足を伸ばします。


井伊谷宮(写真左)
浜松駅からバスで50分ほど乗り「神宮寺前」で下車します。ほんの5分ほど歩いたところに、官弊中社・井伊谷宮が鎮座坐す。祭神は後醍醐天皇の皇子・宗良親王です。親王は主に中部地方で活躍しました。時折吉野へ戻ることもありましたが、後半生の大半を信濃・遠江で過ごし、元中2(1385)年頃に薨じました。記録によるとこの井伊谷で亡くなったということで、宮内省治定墓も本殿の裏手にあります()。

井伊谷は、三河から続く姫街道(国道362号線)の気賀宿からわずか2kmほど北へ行った場所にあります。名称からはかなり狭い土地を想像していたのですが、実際には明るく開けた広い盆地でした。井伊氏が平安時代から勢力を維持してきたのも頷けます。同時にこのような勢力に目をつけた南朝の慧眼には驚くばかりです。

また今回は時間の都合上参れませんでしたが、さらに奥地には、方広寺があります。開山は無文元選禅師、後醍醐天皇の皇子です。禅師は一説に花園宮満良親王の後身であるとも言われています。そのような南朝にとって重要な人が井伊氏の分家の招きに応ずるというのは、南朝がこの地を重要視していたからと考えてもよいかもしれません。


上臈塚(写真中左)
バスで気賀駅へ出て、天竜浜名湖鉄道で西鹿島まで行きます。ちなみに姫街道は気賀から県道261号線になって南東へ方角を変え浜松市内へと向かいますが、国道362号線はこの鉄道に併走して遠州北東部へと続いていきます。西鹿島からはさらにバスで山東まで乗ります。この山東は、国道362号線と信濃からくる国道152号線が交叉する地です。また、天竜川と二俣川が出会う水運の要衝でもあります。バスの終点から徒歩で国道152号線を10分ほど歩くと、道端に小さな塚があります。これが上臈塚です。

説明看板によりますと、長慶天皇の第一皇女・綾姫がこの地で亡くなったので、塚を築いて葬ったと伝わっているようです。何となく三河吉野朝伝説を想起させます。尤も、その推定の根拠が三河吉野朝伝説の元となる文書なのでやむを得ないのかもしれません。

ただ。国道152号線は秋葉山を経てはるか信濃の大川原に続いています。宗良親王が征旅の大半を過ごした地です。ですので、ここに祀られているのが南朝所縁の人だとすると、宗良親王の関係者の可能性が高いと思われます。

なお国道362号線をそのままたどり行くと、後醍醐天皇の伝説のある京丸や、寸又峡にほど近い千頭に行くことができます。特に千頭は、八幡船で高名な海賊大石氏の本拠地でした。この大石氏には南北朝期に池田教正の息・を婿に迎えたとの伝説があります。実否はともかく、千頭の地が南朝の影響下にあったことを伺わせる伝説だと思います。


了願公園(写真右中)
西鹿島駅より遠州鉄道でいったん浜松駅に戻り、再度バスに乗り、今度は東へ向かいます。15分ほどで「安間」バス停に着きます。そこから徒歩で国道1号線を越えたところに小さな公園があります。これが了願公園です。

何やら仏教めいた名前ですが、人名に由来します。興国年間において、南朝は楠木正行が中心となって攻勢に出るわけですが、常に正行に付き従って活躍した武将が「安間了願」でした。その正体は楠木一族とも淡路の水軍だとも云われますが、この地方の伝によると、元中年間に了願が来て天竜川沿いのこの地を開き、ゆえに地名も安間と称するようになった、と。代々その子孫が名主を務めていたが、平成になって屋敷跡地を市に寄贈して公園に整備し、祖先の了願を記念して了願公園となったとのことです。

安間了願も様々な伝説がある武将です。個人的には楠木氏と通婚した淡路水軍だと考えていますが、この近隣の勢力だったとすると、楠木氏の駿河出自説を補強する材料となりそうです。尤も開拓が元中年間とのことですから、一族が畿内から下ってきたとも考えられます。

そして了願公園の前の小道が気賀宿から続く姫街道なのです。先の県道がこの安間で東海道に接続します。街道自体は江戸時代に整備されたものでしょうが、それ以前の時代に原型が作られていたのではないでしょうか。姫街道は、まさに南朝ルートと呼ぶに相応しいと感じました。


大歳神社(写真右)
了願公園より北西へ歩いていきます。この日も炎熱地獄でしたが、史蹟がさくさく見つかるのに気をよくして、汗を拭き拭き歩いていきます。安間川に沿って30分ほど歩くと、壁に「天王町」と書かれた建物が目立ち始めます。その一角に、かなり広い境内の神社があります。これが大歳神社です。

延喜式内社といいますから創建は平安時代以前、社伝によると景行天皇の御代にまで遡るそうです。この神社が後南朝とどう関わっているのでしょうか。それは祭神を見れば一目瞭然です。すなはち、主神の他に長慶天皇・後醍醐天皇・後村上天皇・亀山天皇・後二条天皇をお祀りしているのです。

なぜに大覚寺統の天皇たちが祀られているのでしょうか。曰く、吉野を逃れ出た長慶天皇は遠州に落ち延び、この地に潜居したと伝わります。なのでこの一帯を後世、天王町と呼ぶようになり、また南朝天皇をお祀りするようになったということです。ちなみに長慶天皇の子孫は昭和の御代にまで続き、我こそは天皇なり!と主張しました。自称天皇の一人「竹山天皇」がこれです。

自称天皇絡みなので、あまり信が置けないかもしれません。しかし安間と川一本で結ばれた水運のよさと古来からある神社の存在は、高貴な落人が匿われるには絶好の地と言えましょう。楠木氏関係者が付き添うような、高位の南朝関係者がいたのかもしれません。またこの辺りに真田大助が逃れて来たとの伝承もありました。敗れた逃亡者を受け入れ匿う気風があった土地だったのかもしれません。

 

三河吉野朝(4)

2010 - 12/20 [Mon] - 13:12



さて、豊川市、渥美半島、蒲郡市と探訪した三河吉野朝伝説も、いよいよ最後の伝説地を残すのみとなりました。いったん豊川市に出て豊川稲荷の側を通り、国道362号線に入ります。

ちなみにこの国道、江戸時代には東海道の裏街道という役割を持ち「姫街道」と呼ばれていました。戦国時代でもかなり重要なルートだったようです。そして南北朝期も、特に南朝方に重宝されていたのでしょう。と云うのも、この国道沿いに南朝方の史蹟が点在しているからです。詳しくは次の回に譲りますが、この街道を宗良親王が往還したであろうことは確かなように思われます。今回紹介する伝説も、その流れでとらえた方がよいかも知れません。


小倉橋(写真)
豊川稲荷から国道362号線を10分ほど東に走ると、小倉橋に到ります。名前から察せられる如く、小倉宮に関係しています。伝に曰く、小倉宮良泰親王が吉野にて薨じられたので、当時大和万寿寺におられた空因親王が遺骨を奉じてこの地に到り高台に葬った、と。そしてその高台の一帯を小倉と称するようになったということです。墳墓は今はわからなくなっています。

地名からの牽強附会のようにも思えます。しかしあながち南朝と無関係の土地ではありません。後醍醐帝に三河守護を命ぜられた土岐国行がこの地に居館を築いていました。その跡地が写真の右手にあるそうです。国行は地名をとって「高井主膳正」と名乗りました。確認できる史実です。


慈雲寺(写真)
小倉橋を直進すると和田辻交差点です。この辺りは、千種忠顕の子・盛勝が落ち延びて青木和田尉と名乗って居住したところと伝わっています。右折ししばらく進むと、右手に玉川小学校があります。この西隣に小じんまりとした寺があります。これが慈雲寺です。地名からわかるように、長慶天皇や玉川宮と関係があるとされています。

すなはち、長慶天皇の皇女・綾子内親王(綾姫)は小倉宮良泰親王と結婚して空因親王を生み、後にこの玉川の地で母子共に暮らしたということです。また、この辺り一帯には京都の地名が多くあります。長慶天皇の関係者が潜幸したことに依るのかは別として、京都から高位の人が来着したかもしれないことはありえることです。なお、この寺の隣りに長谷寺がありますが、高井主膳正が大和長谷寺より十一面観音を勧請してきたのが寺の起こりということです。


広福寺(写真)
石巻山登山口の交差点脇にあります。豊橋市石巻町一帯の三河吉野朝伝説を知るきっかけとなったのは、この寺について書かれた本でした。なので南朝を前面に出した寺であろうと、ひそかな期待を抱いて向かったわけですが…何もないやん!

伝によると、この地に興福殿があり、綾子内親王が空因親王と共に住んでいたそうです。亨徳2(1452)年、空因親王が寺に改め広福寺となったとされています。説明看板かにそれを書いてくれればいいのに…。


石巻山
古くより霊山と崇められてきた石灰岩質の山です。遠くより眺めれば美しい三角形の形状をしているため、一部でピラミッドではないかとも云われています。このような山は概ね山そのものが信仰の対象となります。山頂近くに石巻神社(上社)が鎮座まします。豊橋市唯一の式内社ですので、その信仰の古さがわかります。役行者が来たという伝説もあります。修験の行場でもあったでしょう。つまりは、南朝の支持基盤であるわけです。

先の高井主膳正も、三遠国境で姫街道を押さえる絶好の地に位置するこの山を、詰めの城としていました。恐らく遠州の井伊氏と呼応して街道を守っていたのでしょう。しかし興国5()年、足利方の高師兼に攻められ、この石巻山城で自刃してしまいました。神社より山頂へ登る途中に自刃の跡地があるようです。また麓の東光寺が菩提寺となっています。


去年は美作後南朝、今年は三河吉野朝を訪問したわけですが、この二つは、たとえば京都の地名が点在しているなど、何かしら似通ったところがあるように感じました。そこでふと感じて地図で京都からの直線距離を測ってみました。すると、大雑把ですが、両方ともおよそ150kmの位置にありました。民間伝承や地名の分布にも何か法則性のようなものがあるのかもしれません。

 

 | HOME |  »

最近の記事

スポンサードリンク

こよみ

最近のコメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

点取り占い様

点取り占いブログパーツ

アルカナツール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。