南帝ラヂヲ

南朝・後南朝に関連する史蹟の現状を保存していきます。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万里小路藤房伝説2

2010 - 03/25 [Thu] - 22:00



妙心寺二世・授翁宗弼は、河内に少なくとも三つの観音寺を開いています。


一つは、南河内にある楠妃庵観音寺です。楠木正成が湊川で討死したのち、その妻久子は敗鏡尼と号しての地に隠棲しました。そして久子が没したのち、正儀が不二房を招いて庵の址に観音寺を建立したと伝わります。境内には久子の墓があります(写真左)。

二つ目は中河内、東大阪市にあります。JR徳庵駅の近くに「稲田の観音さん」と呼ばれる観音禅寺がそれです。江戸時代に復興された寺院ですが、元は授翁宗弼が大内義弘の後援を得て開いたものでした(写真中)。

南北朝当時の徳庵はおそらく湿地帯の中のやや乾いた土地だったのでしょう。徳庵城という城があり楠木正成配下の武将が在城していたようです。また徳庵納豆が名産で後村上天皇に献上されたとも伝わります。このように南朝色が濃い河内の真ん中に寺院を造るのですから、授翁と楠木氏の深い関係がうかがわれるわけです。

そして三つ目は北河内にあります。寝屋川市の西部の淀川沿い一帯は「仁和寺(にわじ)」といい、京都仁和寺の造営費用に充てられた荘園でした。その後、仁和寺荘は京都妙心寺の管理するところとなり、妙心寺二世の授翁宗弼も関わりを持つことになります。当時この一帯は、守口市佐太の来迎寺が後村上天皇の勅願寺となったことからもわかるように、南朝、とりわけ楠木氏の勢力下にありました。そして楠木正儀は、亡父33回忌追善として、授翁を迎えてこの地に観音寺を建立しました(写真右)。

先に見たように、授翁は大内義弘とも親しく、それ故に南北合体交渉にも関わっていたようです。後村上天皇の御代において、南朝は楠木正儀、北朝は細川頼之が代表となって合体交渉が行われたことがありました。その場所がこの観音寺だったという伝承があります。淀川を通じて京都に近く、また楠木正儀の勢力圏内にあるこの寺は立地的に申し分なく、二人が語り合ったという話も真実味があります。

河内や楠木氏とこれだけ深い縁を持った授翁宗弼だからこそ、万里小路藤房であるという説がでてきたのでしょう。事実のほどはわかりませんが、個人的には藤房であって欲しいと思います。

 

ご無沙汰しておりました!

お元気でしたか?
こちら、年度末~年度初めの慌ただしさが未だ残っております(笑
今回も詳細で密度の濃いレポで、とても勉強になりました!

寝屋川の仁和寺で思い出したのは我が盟友(悪友?)の事です。
山本姓なのですが、御祖父さんの代までその地域に在していました。
詳しい出自等は判らないながらも「河内の悪党」出身と聞かされていた
と申しております。確かに楠木党にも同姓が見えますね。
その真偽のほどは更なる調査を進めたいと思っています。
山本姓で南朝方と言えば、紀州で湯浅党と共に戦った山本氏が有名で
河内にも転戦してましたね。豊臣氏の紀州支配で嫡流は滅んだものの
和歌山県では未だに多い姓でもあります。
日本での大姓でもある山本姓は西日本に多く分布していますが、先の
和歌山県や兵庫県、奈良県、他でトップ、我が郷里の高知県でも一番
多い姓です。
大姓だけにその出自も様々ですが、清和源氏、特に義光流を称するもの
も多いようですね。紀州山本氏には熊野別当を祖とする説もありますが。
河内の山本姓は同じ義光流でも近江・浅井郡が発祥とも。
山本姓で有名な歴史上の人物は山本勘助ですが、彼は一時期「河内に
来て楠公の遺蹟を探り・・・」云々という話もありましたっけ。6年ほど河内
に留まり楠木流兵法を会得したとかいうアレです。ただ、それは河内(
かわち)ではなく、甲斐の河内(かわい・河合とも)という説もありますが。
勘助の祖も清和源氏義光流とかいいますよね。
清和源氏義光流・・・新羅三郎義光は河内源氏でしたね。
何らかの地縁血縁関係があるのでしょうか???

以上、相変わらず止め処も無い話にて失礼しました(笑

Re: ご無沙汰しておりました!

こちらこそご無沙汰です~。
仕事柄2・3月は超多忙ですが、特に今年はエライ目に遭わされました…。
その反動で関東に遠征しておったり(笑)。

> その真偽のほどは更なる調査を進めたいと思っています。
河内山本って駅もあるくらいですから、真実かもしれませんな(笑)。

> 河内の山本姓は同じ義光流でも近江・浅井郡が発祥とも。
確か太平記に出てくる錦織判官代俊政は近江山本氏でした。
そこから、近江山本氏が河内錦織に移住したか、それとも
錦織氏は近江から笠置へ駆けつけたかと論が分かれていました。

> 山本姓で有名な歴史上の人物は山本勘助
出生地の三河牛窪ですが、河内鋳物師が多数移り住んだように聞いています。
勘助が河内に来たかどうかは謎ですが、河内とのつながりはあったと思います。
それが三河後南朝の土台になっていると踏んでいるのです。

> 甲斐の河内(かわい・河合とも)
甲斐も面白いところで、河内と同じような地名がありますね。
そして物部氏に起源を有する巨石(磐船)信仰を持っています。
さらに西陣南帝も甲斐に行ったとか、護良親王の首級のミイラがあるとか、
南朝伝説もあってなかなか興味深いです。

> 何らかの地縁血縁関係があるのでしょうか???
かくして何か繋がりそうなのですが、決め手が無いのでした(苦笑)。

 

ありがとうございます。

お仕事、大変だったようですね。
大いに「反動」なさってお疲れを癒して下さいね!

河内山本ですが、調べてみると「山本」の地名は江戸時代・宝永年間に
大和川の付替えによってできた新田の開発を請け負った「山中庄兵衛」と
「本山弥右衛門」という方の名前を文字って付けられたそうです。
う~ん、少し残念ですね(笑
としても、やはり河内の山本氏といえば、楠木一族で正成に兵法を教えた
信貴(志貴)正玄の子で赤坂城に戦死した山本正景に連なる系統も有名
ですし、その線からも引き続き追ってみるつもりです。

河内と三河後南朝の繋がり、なるほどそうなのかも知れませんね。
当時の特殊な職能集団のネットワークは現代人の想像をも遥かに超える
ものだったらしいですしね。

護良親王の首級といえば石船神社ですね。
山地悠一郎氏の著書で初めて遭遇した時には感嘆したものです。
神社の名称からして物部氏の臭い、西陣南帝や雛鶴姫伝説・・・。
甲斐もきてますね(笑

と決め手もないまま、今宵もまたまた想像が膨らむばかりです。
ではでは、また。

Re: ありがとうございます。

> 大いに「反動」なさってお疲れを癒して下さいね!
今日も反動してきました(笑)。
近日更新します。いやぁ、疲れた。でも楽しかった!

> 大和川の付替え
そうかそうか、玉串川が小さくなった跡だったのか。

> 河内の山本氏
うーん、私は生まれも育ちも河内なんですが、
豪族勢力としての山本氏は心当たりがないのですよ。
山本正景にしても、痕跡がいまひとつ現れない…。
この名前が楠木一族の系図にあるのは系図纂要だったと
思うのですが、どこからひっぱって来たんでしょうかね。

> 護良親王の首級といえば石船神社ですね。
ネットで写真を見た時の衝撃…!
ぜひに生で拝謁したいものです(笑)。
この技術は真言立川流のものだといわれてますが、
立川流はどこでこれを覚えたんだ?

> 甲斐もきてますね
巨石信仰を持つ勢力と南朝の関係で何かないものか。
現在はこれを考えております。

 

法光寺

慧玄を継いだ妙心寺二世が、万里公路藤房か知りたいですね。親戚世良誠規さんは、妙心寺派大徳寺檀家で、父英雄が建てた墓が、万里公路家に関係する法光寺です

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

最近の記事

スポンサードリンク

こよみ

最近のコメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

点取り占い様

点取り占いブログパーツ

アルカナツール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。