南帝ラヂヲ

南朝・後南朝に関連する史蹟の現状を保存していきます。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三河吉野朝(3)

2010 - 12/08 [Wed] - 13:24



午後からは蒲郡に場所を移し、その近辺の史蹟探索です。三河吉野朝伝説を纏めた本によると、現在の蒲郡市の北方に「卍山」という霊山があり、その麓の多賀の里に後村上天皇が北畠親房らと共に秘密の行宮を営んだ、ということです。卍山とは、どうやら現在の五井山にあたるようです。それゆえに、五井山の麓には無数の吉野朝関連の史蹟が遺っていると云うのです。かなりマイナーな史蹟だけに痕跡さえ遺っているかも微妙ですが、後南朝愛で…(以下略)。


正法寺(写真左)
見たところ普通の小さな山寺です。日蓮宗。門前に塚があり新待賢門院を葬ったものと伝わっていますが……どこに?!別の伝説本によるとそれらしき小山があるらしいのですが、よくわかりませんでした。ただ辺り一帯には古墳が点在していたらしいです。


不動院
三河御津府の中心とか。確かに周辺の寺院に比べて大きめで歴史も古いようです。水の神を祀っている。痕跡は…ないね。


相楽神社
蒲郡の伝説には、後村上天皇をお祀りした"兎頭神社"という社がたびたび登場します。しかしそんな名前の神社は周辺には見当たりません。位置的にはこの相楽神社が最も適しているようなので立ち寄りました。雰囲気はとても良い神社で、展望が開けていますが、それだけ…。何度も言うが、ご祭神の明記は必要だと思うんだ!


観心寺址(写真中)
御堂山の中腹にあり、もともと全福寺とその僧坊で殷賑を極めていたので、後村上天皇と北畠親房らがまず入ったところとされています。後に天皇が崩御すると、河内観心寺に因んで全福寺内にも観心寺が建立されました。現在は"さがらの森"という公園になっています。園内に"全福寺跡"の表記はありましたが、どこがそれかわかりませんでした。


西浦無量寺(写真右)
蒲郡一帯には他にも様々な伝説の地が点在していますが、時間の都合上、やや遠いところにある西浦無量寺へ向かいます。この寺は"ガン封じの寺"として有名です。駐車場より寺に向かうと、インド風の塔が出迎えてくれます()。本堂の立派さが、古寺の風格を感じさせてくれます。

伝に曰く、北畠親房発案の東国経略に同道した後醍醐天皇の皇女・灌子内親王が西浦岬に漂着しました。後にこの無量寺に入って落飾し、一説にここで亡くなったとも言われています。大きな松の根元に五輪塔があり、灌子内親王の墓と云われています。この話はあとから知ったので、お墓は未確認です。温泉もあって風光明媚ですので、またお参りに行きたいと思います。


白山神社
以前の記事で南朝伝説には万里小路藤房の伝説がつきものだと言いましたが、やはり三河の伝説にも藤房の伝説が含まれていました。藤房は卍山の北麓、豊川市金野の里の寺に陰棲し同地で死去、遺骸は観音寺に葬られたと伝わります。観音寺は今はありませんが、五輪塔が残ると聞き、白山神社に行くことにします…が!山を登るにつれて道は細く曲がりくねっていきます。軽自動車を借りていたのですが、それさえも通行が厳しい道でした。よってついに断念しました。機会があれば今度はバイクで行ってみたいと思います(懲りん奴(笑))。

さて、蒲郡周辺の探索はこれで終えて、もう一つ別種の伝説の探索に向かうことにします。結局この伝説には痕跡すら遺っていなかった…。


三河吉野朝をまわってみて感じたのは、どうも古墳を南朝皇族の陵墓としているのが多いということです。車神社もそうでしたが、端的な例は、名電国府駅の近くにある船山古墳です。埴輪が出土するなど、築造時期は疑いようもなく古墳時代です。それを三河吉野朝伝説首唱者は、長慶天皇の御陵だとしています。伝説の素地は魅力的なのに、こういう考証性のなさが非常に残念なところです。

 

今回も勉強になりました!

前項のご返事ありがとうございます。
今回も知らないスポットばかりで勉強になりました!
簡潔で判り易い説明もいいですね。
私なぞ長い割に何を言いたいのか判り難いという文才の無さですよ。
逃げ道を作ってしまう文章は営業職が長かったせいなのか、それとも天性のものなのか・・・(笑)
白山神社は大変だったようですが、また次回に期待しておりますね。

これも既出でしたらごめんなさいですが・・・。
暇にかまけて蔵書整理をしていたら、義仁王の話を思い出しました。
かの熊沢照元氏が尊敬してやまないというあの義仁王です。
土岐持益により虐げられた義仁王が葬られた可児郡の羽崎八幡宮、その骨壷が奪われて移されたという時之島の源宗山延命寺、そこから発見されたという骨壷、その延命寺を信雅王第4代の孫という床左衛門の娘が尼僧となって再興したという武儀郡の玄霜庵・・・う~ん。
三重県関市にあるという玄霜寺に行けば何か判るのでしょうかね?

はたまた神奈川県茅ヶ崎市にあるという浄心寺に伝わるという南帝伝説、その寺を菩提寺とする甲斐系といわれる熊沢一族・・・う~ん。
暇な時期なので考えてみても頭の回転のよろしくない私には・・・(笑)
何かヒントはないものでしょうか?

ところで伊藤獨氏の「悲運の南朝皇胤並自天王祭祀について」が今日現在もヤフオクにて未入札で出品されています。
http://page13.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/r69324876
ひょんな事から入手済の私には必要ありませんが、もしまだのようでしたら一冊いかがでしょうか?
Amazonなどでは結構な高値で取り引きされていますので。

Re: 今回も勉強になりました!

> 今回も知らないスポットばかりで勉強になりました!
戦前に書かれた本でしたから、平成の世では
どうなってるのかがとても知りたくなったのですな。
まぁ案の定というか、影も形もなかったのは少し
がっかりしましたが。

> 簡潔で判り易い説明もいいですね。
うぉ、そう言っていただけると照れます(笑)。

> 白山神社は大変だったようですが、また次回に期待しておりますね。
何と言うか、このまま行き続けたら、帰りはバックで
下りて行かなあかん!という恐怖に勝てませんでした(笑)。
まぁ後南朝史蹟は総じてそんな感じのところばかりですが、
ここは若干こわかったですわ…。

> 義仁王の話を思い出しました。
おぉ、義仁王!羽崎八幡とか、行ってみたいですねぇ。

> 三重県関市にあるという玄霜寺
岐阜県?何か碑があるとかないとかでしたっけ。
岐阜にいったときは訪問候補地に入れておいたのですが、
けっこう遠くて断念した覚えがあります。

> 神奈川県茅ヶ崎市にあるという浄心寺に伝わるという南帝伝説
私これ知らないんですよ。よろしければお教え願えますか?
山号が「熊沢山」っていうらしいですね?

> 伊藤獨氏の「悲運の南朝皇胤並自天王祭祀について」
おーっと!買いたい!しかし、先立つものが…。
なくなってたら、買いよったものと思ってください(笑)。

 

やはり、さすがですね!

断片的にしか覚えていない私のような者の問いかけにも即答できるとは・・・今さらながら、お見それいたしました!(笑)

ご存じのように茅ヶ崎の浄心寺は文禄年間の創建ですし、このあたりの熊沢一族は甲州から移ってきたといいますから武田家滅亡後ですよね。
その初代は武田を名乗っていたようですね。
南帝伝説については内容を知らないのですよ、ごめんなさい。
おそらく甲州の話ではないでしょうか。
という事は、例の西陣南帝に関連しているのではないかと。
浄心寺に残る墓碑には菊の御紋もあるといいますので、現地で聴き取りしたいものですよね。

玄霜寺、岐阜県のミスタイプです・・・。
三重県の関はうちのカミさん方の先祖の地でした(笑)
(ちなみに伊勢平氏の関氏なんですよ。)
確か碑があったと聞いていますが、残念ながら未確認です。

「悲運の南朝皇胤並自天王祭祀について」 、まだ入札ゼロですね。
2800円はお買い得だと思いますので是非この機会に!(笑)

以上、またまた取り留めのない文面にて失礼いたしました。

Re: やはり、さすがですね!

> このあたりの熊沢一族は甲州から移ってきた
甲斐武田氏も、後南朝の頃(=鎌倉公方と京の将軍との喧嘩の時)には
ごちゃごちゃになってたようですね。実際に後南朝勢力をかばった家も
あったかも知れませんね。

> という事は、例の西陣南帝に関連しているのではないかと。
武田氏を頼って行き、一分家である熊沢姓を名乗ったとかでしたな。
熊沢伝説も真剣に追っていけばなかなか面白いんですよねぇ。

> 浄心寺に残る墓碑には菊の御紋もあるといいますので、
ほぅほぅ。時之島の熊沢さんと同じような紋なのでしょうかな。

> 三重県の関はうちのカミさん方の先祖の地でした(笑)
> (ちなみに伊勢平氏の関氏なんですよ。)
おっ、南朝方(笑)!関氏はかなり長期間南朝方でしたな。
民部様もなかなか引きが強くていらっしゃる。

 

重ねてのご返信かたじけのう・・・!

熊沢家の件は甲斐武田氏を更に調べてみなければいけないかも知れませんよね。
う~ん、ますます守備範囲が広がって・・・(笑)
河陽南帝さん、またいろいろとご教授下さいませ!

浄心寺のご紋については私もその程度の事しか知りません。
実際に訪ねて確認するしかないかも・・・ですね。

関氏はそうなのですよね。
長らく南朝にお仕えしたのですが世の流れに逆らえず・・・。
その後は戦国小大名、そして分家であるカミさんの実家は尼崎城主の小姓組となりました。
先日も尼崎は大物の菩提寺にカミさん共々お参りしてきた次第です。
伊勢平氏なので安徳帝もそろそろお許しになっていただきたいのですが(笑)

Re: 重ねてのご返信かたじけのう・・・!

> 熊沢家の件は甲斐武田氏を更に調べて
甲斐武田氏は上杉禅秀に味方したりしてますから、
分家ごとに立場がいろいろで、後南朝皇胤を迎える
素地もあったかも知れませんな。

南巨摩郡っていう地名は渡来人をうかがわせて、
隠れた南朝の支持基盤が想像されて興味深いです。
三浦天皇も市川大門にやたらこだわっていたらしいし。

> 実際に訪ねて確認するしかないかも
意外な地元伝承に接することができたりしますからね~。

> 伊勢平氏なので安徳帝もそろそろお許しになっていただきたい
赤間神宮お参りしかないですかね。あるいは横倉(笑)?

 

本年もよろしくお願いいたします。

甲斐武田氏も分家が多いですものね(笑)
覇権を争う中ではあり得る話ですよね。

南朝の支持基盤は当時の負け組も含んだ「埒外」の人々も多かったですよね。
渡来系の子孫もそうだったでしょうし。
市川大門あたりも当時は湿地帯でサンカやクグツなどの集落もあったと言いますよね。
時之島もそれに近い地形でしたね。

木地師を調べていると、どうしても漂泊系の彼らにも行き当たってしまうのですよね。
亡き父は昭和一桁世代の警察官だったせいもあり彼らを嫌っていましたが、コッソリと書物を買った覚えがあります。
日本のジプシーともいえる彼らには、ある種の浪漫すら覚えたのですが・・・。

横倉山には行った事がありますが、やはり赤間神宮にもお参りしたほうがよいのでしょうかね?(笑)

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

最近の記事

スポンサードリンク

こよみ

最近のコメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

点取り占い様

点取り占いブログパーツ

アルカナツール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。