南帝ラヂヲ

南朝・後南朝に関連する史蹟の現状を保存していきます。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三河吉野朝(4)

2010 - 12/20 [Mon] - 13:12



さて、豊川市、渥美半島、蒲郡市と探訪した三河吉野朝伝説も、いよいよ最後の伝説地を残すのみとなりました。いったん豊川市に出て豊川稲荷の側を通り、国道362号線に入ります。

ちなみにこの国道、江戸時代には東海道の裏街道という役割を持ち「姫街道」と呼ばれていました。戦国時代でもかなり重要なルートだったようです。そして南北朝期も、特に南朝方に重宝されていたのでしょう。と云うのも、この国道沿いに南朝方の史蹟が点在しているからです。詳しくは次の回に譲りますが、この街道を宗良親王が往還したであろうことは確かなように思われます。今回紹介する伝説も、その流れでとらえた方がよいかも知れません。


小倉橋(写真)
豊川稲荷から国道362号線を10分ほど東に走ると、小倉橋に到ります。名前から察せられる如く、小倉宮に関係しています。伝に曰く、小倉宮良泰親王が吉野にて薨じられたので、当時大和万寿寺におられた空因親王が遺骨を奉じてこの地に到り高台に葬った、と。そしてその高台の一帯を小倉と称するようになったということです。墳墓は今はわからなくなっています。

地名からの牽強附会のようにも思えます。しかしあながち南朝と無関係の土地ではありません。後醍醐帝に三河守護を命ぜられた土岐国行がこの地に居館を築いていました。その跡地が写真の右手にあるそうです。国行は地名をとって「高井主膳正」と名乗りました。確認できる史実です。


慈雲寺(写真)
小倉橋を直進すると和田辻交差点です。この辺りは、千種忠顕の子・盛勝が落ち延びて青木和田尉と名乗って居住したところと伝わっています。右折ししばらく進むと、右手に玉川小学校があります。この西隣に小じんまりとした寺があります。これが慈雲寺です。地名からわかるように、長慶天皇や玉川宮と関係があるとされています。

すなはち、長慶天皇の皇女・綾子内親王(綾姫)は小倉宮良泰親王と結婚して空因親王を生み、後にこの玉川の地で母子共に暮らしたということです。また、この辺り一帯には京都の地名が多くあります。長慶天皇の関係者が潜幸したことに依るのかは別として、京都から高位の人が来着したかもしれないことはありえることです。なお、この寺の隣りに長谷寺がありますが、高井主膳正が大和長谷寺より十一面観音を勧請してきたのが寺の起こりということです。


広福寺(写真)
石巻山登山口の交差点脇にあります。豊橋市石巻町一帯の三河吉野朝伝説を知るきっかけとなったのは、この寺について書かれた本でした。なので南朝を前面に出した寺であろうと、ひそかな期待を抱いて向かったわけですが…何もないやん!

伝によると、この地に興福殿があり、綾子内親王が空因親王と共に住んでいたそうです。亨徳2(1452)年、空因親王が寺に改め広福寺となったとされています。説明看板かにそれを書いてくれればいいのに…。


石巻山
古くより霊山と崇められてきた石灰岩質の山です。遠くより眺めれば美しい三角形の形状をしているため、一部でピラミッドではないかとも云われています。このような山は概ね山そのものが信仰の対象となります。山頂近くに石巻神社(上社)が鎮座まします。豊橋市唯一の式内社ですので、その信仰の古さがわかります。役行者が来たという伝説もあります。修験の行場でもあったでしょう。つまりは、南朝の支持基盤であるわけです。

先の高井主膳正も、三遠国境で姫街道を押さえる絶好の地に位置するこの山を、詰めの城としていました。恐らく遠州の井伊氏と呼応して街道を守っていたのでしょう。しかし興国5()年、足利方の高師兼に攻められ、この石巻山城で自刃してしまいました。神社より山頂へ登る途中に自刃の跡地があるようです。また麓の東光寺が菩提寺となっています。


去年は美作後南朝、今年は三河吉野朝を訪問したわけですが、この二つは、たとえば京都の地名が点在しているなど、何かしら似通ったところがあるように感じました。そこでふと感じて地図で京都からの直線距離を測ってみました。すると、大雑把ですが、両方ともおよそ150kmの位置にありました。民間伝承や地名の分布にも何か法則性のようなものがあるのかもしれません。

 

ついに完結編ですね。

三河吉野朝・全4部、堪能させていただきました!
簡潔ながらも非常に判り易い解説で、まるで自分も浪漫を追って旅しているようでした!
西の美作を見ていた自分ですが、これを機に三河方面も更に勉強しなくてはと再び思った次第です。
河陽南帝さんのレポを参考にして、いつの日にか巡ってみたいものです。

私事ながら何かと落ち込みがちだった今年の自分に改めて元気の素を与えていただき、感謝感謝です!
数ある趣味もこのところ忘れかけていましたが、その一つである後南朝探求(妄想も含みますが(笑))、そう、歴史浪漫を再び思い出しました。
良いクリスマスプレゼントになりました、本当にありがとうございます!!!

河陽南帝さんにとりましても良いクリスマス、更には気が早いのですが、良いお年を迎えられますよう心よりお祈り申し上げます。

(追記)
先ほどMBS「ちちんぷいぷい」にて、山中アナら総勢30名ほどのスタッフが川上村の明神滝から生中継をしていました。
番組開始の15時から登り始めて16時前に滝に到着、滝の前でドラム缶風呂に浸かっていました(笑)
途中、後南朝の話にも少し触れていましたが、スタジオで食いついたのは吉竹アナだけという・・・(苦笑)
上記でも申しました河陽南帝さんのレポと共に、奇遇ながらもクリスマスプレゼントとなりました!
ひょんなきっかけから始まった後南朝浪漫への思慕。
まだまだ河陽南帝さんのような上級レベルには達するべくもありませんが、これからも想像・妄想も含めた探求という名の趣味としていきたいと再感しました(笑)

以上、思いつくままの乱文にて失礼いたしました。

Re: ついに完結編ですね。

> 簡潔ながらも非常に判り易い解説で、まるで自分も浪漫を追って旅しているようでした!
ありがとうございます。素直に照れます(笑)。

> いつの日にか巡ってみたいものです。
今回は東三河でしたが、実は西三河にも伝説があってですね…(笑)。

> 元気の素を与えていただき、感謝感謝です!
お役に立てて幸いです。私としても、民部様というすばらしい読み手がおられたので
ここまで書きまくる気になったと言っても過言ではないです。こちらこそありがとう
ございます。

> 良いクリスマス、更には気が早いのですが、良いお年を迎えられますよう心よりお祈り申し上げます。
ありがとうございます。何とか今月中に「遠州編」もアップしたいのですが、
私もこの場を借りて申し上げておきましょう。良いお年を!

> 「ちちんぷいぷい」
> 川上村の明神滝から生中継をしていました。
何と!新聞のテレビ欄で「川上村の滝」に行くっていうのは知っていましたが、
明神滝とは!録っておけばよかった…。

道をご覧になりましたか?細かったでしょう?
あれが延々続くのですよ。まさに秘境ですな。

> スタジオで食いついたのは吉竹アナだけという・・・(苦笑)
食いついた吉竹アナは偉い人ですね(笑)。
何て言っていたのでしょうか?返す返すも、見たかった…(笑)。

> これからも想像・妄想も含めた探求という名の趣味としていきたいと再感しました(笑)
後南朝探索は永久の趣味たりえますよ。謎が多い分、推理が走る走る(笑)。
早くも来年の訪問地選びを始めていますが、楽しくて仕方がないです。

 

またまた御礼申し上げまする!

こちらこそ改めて御礼をば!
河陽南帝さんのレポ、否、このブログがあってこそですから!
後南朝という限られた分野においては、ご存じのように研究する学界の方も少なく、ましてや近年まで(現在でも)否定される向きも多い中、民間の探求に任せられているかのような現状ですよね。
その中でも非常に貴重なものと信じて止みません。
どうぞ、これからも私をはじめとする後南朝界の「迷える子羊」ならぬ「迷える親父羊」たちに一条の光を与え続けて下さりますよう願って止みません。

しかして西三河の伝説とは、もしや?(笑)
期待いたしておりまする!

「ちちんぷいぷい」の件、私も朝刊で偶然に知ったのですよ。
「まさか」とは思っていましたが「やはり」でした(笑)
同じくチェックしておられた河陽南帝さんもすごいですよね!
匂いましたか?(笑)

確かに道は細かったです。
これまで登山用も含めての文献やブログで写真でしか拝見していなかったので動画で見ると実感がありました。
撮影に備えてか整備されていたようにも見えましたが、当時はどれほど心細い道だった事か・・・宮はさぞや・・・(涙々)

現地の山中アナからの後南朝の件の実況を聞いた吉竹アナは「いやぁ、浪漫がありますよね~」と漏らしたのですが、他の出演者たちがそれを解さず・・・残念でした(苦笑)
同じMBSの「よゐこ部」からファンだった吉竹アナですが、まさか若い彼女がそういう言葉を発するとは思ってもみませんでした。
「よゐこ部」が終わった今、「後南朝部」を立ち上げて彼女を誘いたいぐらいですわ(笑)
もちろん部長は河陽南帝さんですよ(笑)
と言いつつ、録画してなかったのが悔やまれます・・・明神滝の放送、しかもオンタイムでの放送は二度とないかも知れませんしね・・・。
録画していたら河陽南帝さんにも見ていただけたかも知れないのに・・・すみません!

ちなみに今回の生中継では中継車から全長7kmものカメラ線を引いていたそうで、トグロ状の線を背負ったスタッフが映っていました。
あの車道終点の場所から引いて登ったのですね、すごい!

山中アナも言っていましたが、夏場の山蛭を避けて冬場の登山が多いのは知っています。
この好機に参りたいのですが、この窮状では・・・(苦笑)
貧乏暇無しとは申しますが、貧乏だと暇があっても何とやらですわ(笑)
登山好きの友人に話を持ちかけて登山地図まで揃えていながら自らがこれでは・・・わっはっは!
と笑ってしまいます、ホンマに(笑)
しかし、来年こそは!と思っています。
新聞の番組欄「奈良川上村のパワースポットの滝を生中継!来年のご多幸を祈願!」にあやかって、明神滝をライブで見られた事をまずは素直に喜ぶ次第です。
来年の多幸を祈らずにはおられない一日でした。

今はこのような身でも再起の日は必ず来る。
そう信じて頑張りますわ!
それが後南朝でもあり、それを信奉してしまった我が身の宿命。
ましてや彼の地に眠る方々は我ら現代人が想像する以上の苦難を受けてこられたのですものね。
まだまだ、これからですわ!(笑)

本日は飲酒の上とはいえ、いつにも増して(笑)が多いのもひとえに河陽南帝さんのご返信のおかげも多大でありますよ!
またしても私事ながら、この窮状にてネット接続すら危うい状態で、いつ通信が途絶えてもおかしくはない現状なのがお恥ずかしい限りですが(笑)
もし途絶えたとしても一旦の事、必ずや復活いたしますのでご心配なされませぬように!
それが「後南朝魂」ですよね!
その間は再び「妄想」、否、「推理」に走りますよ(笑)
いや~河陽南帝さんはいつも良い事をおっしゃりまするな、「推理」ですよね!

ではでは、多少の酔いに任せたきらいもありますが、この長文かつ乱文お許し下さりませ。

Re: またまた御礼申し上げまする!

> ご存じのように研究する学界の方も少なく
その点では森茂暁氏はいいところに目をつけられた!

> 「迷える親父羊」たちに一条の光を与え続けて
わはは、今年もいろいろ企みます(笑)。

> 「まさか」とは思っていましたが「やはり」でした(笑)
> 匂いましたか?(笑)
「川上村」「北山村」「吉野」には条件反射します(笑)。
後南朝とはあまり関係ないですが、確か不動七重滝にも
行ったんやなかったかなぁ…。

> 動画で見ると実感がありました。
> 当時はどれほど心細い道だった事か
同時に、この険阻さが安心の元だったでしょうな。
かの細い道の先にあんな広い土地があるとは、
誰も想像できなかったでしょう。

> 吉竹アナは「いやぁ、浪漫がありますよね~」
偉い!よくぞロマンと見破った(笑)!

> 「後南朝部」を立ち上げて彼女を誘いたい
よゐこ部の探検部みたいになりますな(笑)。
お墓ばっかり行きそうですけどね。

> もちろん部長は河陽南帝さんですよ(笑)
わはは、ありがとうございます。

> しかし、来年こそは!と思っています。
まぁ生涯一度は、ってな感じでいいと思いますよ。
そうすると身体も鍛えておこうと思いますし、
いつまでも夢があるってのがいいじゃありませんか。

私は、今年は観音峰なんて行きたいかなぁ…。
うーん、来年かなぁ(笑)。

> まだまだ、これからですわ!(笑)
そうそう、その意気。

> 必ずや復活いたしますのでご心配なされませぬように!
そうそう、その気炎!

> その間は再び「妄想」、否、「推理」に走りますよ(笑)
推理ならば、誰憚ることあろう(笑)!
そして真実に近づいていくのです。

 

本年のご多幸をお祈りいたします!

「迷える親父羊」に光を与えていただけますよう、いろいろと企んで下さいね!
今年も楽しみな一年になりそうです(笑)

河陽南帝さん、もとい「部長」と同様、こんな下っ端部員でも後南朝関連の諸語句には敏感になっていますよ。
あの時もテレビ欄を開いた途端、目に飛び込んできましたから(笑)
残念ながら「よゐこ部」は終わってしましましたが、後南朝部は永遠に不滅です(ジャイアンツ・ファンではありませんが)。

やはり映像で見ると実感がますます湧きましたね。
あの奥に行宮址が・・・と考えるだけで堪りません!
何で録画しなかったんやろ・・・ったく・・・。
でも、必ずや参内仕る所存なれば!

観音峰、「南朝ロマンの小径」ですね。
護良親王がお隠れになられた岩屋もあるのですよね。
整備されているそうですが、行かれる際にはどうぞお気をつけて。
お帰りには洞川温泉で・・・いいですね!
天川周辺も亀岡ドライブ仲間と走り回った時期があります。
当時は南朝に興味を持っていなかったのが悔やまれますが・・・。
でも、もしかしたらあの頃に南朝に呼ばれたのかも?と良い意味に解釈しますわ(笑)

何はともあれ、ご声援ありがとうございます!
再起をかけて頑張ってみますね!

河陽南帝さんのブログを励みにしながら。

それでは、また!

Re: 本年のご多幸をお祈りいたします!

こちらにまとめさせていただきます。

> 内藤満幸の件、当方もそう感じざるを得ません。
> 勢いあまって?(笑)
想像で生み出した人物にしてはよくできている…。
なので、原型となる人物がいてこれに脚色し過ぎた、
ってのが私の考えです。たぶん軍学関係かな?

> 後亀山上皇も源氏方の地へよく飛び込んだものですよね。
灯台下暗し(笑)。しかし京都市街を抜けていくよりかは
安全確実だと思います。後亀山上皇の吉野入りの経路は
誰も言及してないような…。

> 実地踏査・調査の重要性を感じます。
三河・遠江に行って、ますますそれを感じました。

> 大日堂の五輪塔が津田春行のものと伝わる墓ですよね。
それです。津田監物(=算長)のお墓の場所を尋ねたら、
春行のお墓を教えてもらって予想外の収穫でした。
現地調査はこういう発展があるので面白いですわ。

> 河陽南帝さんは南朝方には・・・という事なのですね?
> 何となく判るような気もします。
仇なしました(笑)。しかしおおよそは南朝方だったのです。
でも、後醍醐天皇の御霊には許してもらえなかったようです。

> 市川大門あたりも当時は湿地帯
> 時之島もそれに近い地形でしたね。
時之島も、だだっ広い平地のわりに島って地名なので、
おそらく湿地帯だったと思います。河内もそうだった。
湿地帯と南朝伝説って関係ありそうですな。

> やはり赤間神宮にもお参り
された方がよろしいでしょう!

> いろいろと企んで下さいね!
行きたいところが多すぎですけどね(笑)。
まぁ候補地はしぼりました。

> 目に飛び込んできましたから(笑)
さすがですねぇ。ってか我らの条件反射ですな(笑)。

> でも、必ずや参内仕る所存なれば!
その折には一声おかけ下さい。
明神滝あたりまではお送りします(笑)。

> 観音峰、「南朝ロマンの小径」ですね。
別ブログで長慶天皇のお墓を追っかけているので、それで(笑)。

> 何はともあれ、ご声援ありがとうございます!
> 再起をかけて頑張ってみますね!
> 河陽南帝さんのブログを励みにしながら。
励みになるようがんばります!

 

質問です

三河後南朝を調べていてこのページに行き着きました。
松良天皇御陵〔御坊塚〕の位置についてもっと詳細な情報をお教え頂きたく存じます。また御坊塚には小祠などの遺跡は今も残っているのでしょうか?
小生、三河南朝史にまだまだ未熟ではありますがお教え願います。

Re: 質問です

> 松良天皇御陵〔御坊塚〕の位置
GoogleMapで御覧になれるでしょうか?
https://www.google.co.jp/maps/preview?authuser=0#!q=%E6%84%9B%E7%9F%A5%E7%9C%8C%E8%B1%8A%E5%B7%9D%E5%B8%82%E5%BE%A1%E6%B2%B9%E7%94%BA%E7%AD%91%E5%89%8D%E3%82%B1%E8%B0%B7%EF%BC%98&data=!2m1!1e3!4m10!1m9!4m8!1m3!1d728!2d137.310909!3d34.851207!3m2!1i1280!2i683!4f13.1&fid=7

住所で言うと「豊川市御油町筑前ケ谷8」あたりになると思います。


>御坊塚には小祠などの遺跡
木製の祠と、小さな五輪塔と、三浦家のお墓がありました。

>お教え願います。
地元民ではないのでそれほど詳しくはありませんが、頑張ります。
こちらこそよろしくお願いいたします。

 

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

最近の記事

スポンサードリンク

こよみ

最近のコメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

点取り占い様

点取り占いブログパーツ

アルカナツール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。