南帝ラヂヲ

南朝・後南朝に関連する史蹟の現状を保存していきます。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すべてはここから始まった

2011 - 01/22 [Sat] - 14:24



元中9(1392)年10月28日、後亀山天皇は長年住み慣れた吉野行宮を、三種神器を先頭に出立しました。飛鳥橘寺、南都興福寺に宿泊を重ね、同年閏10月2日、遂に京に還幸、嵯峨野大覚寺に入りました。これは足利義満との間で和議が成立したためです。すなはち「南北朝の合体」です。

実質的には南朝の降伏ですから、正統皇位の象徴である三種の神器は北朝方へ渡さなければなりません。神器はいったん大覚寺に安置された後、北朝の内裏に移されました。その神器が置かれていた部屋が正寝殿です(写真左)。

神器の引き渡しは「譲国之儀」によるべき、とは合体の条件でした。しかし当時の記録には、その儀式が行われた形跡がありません。つまり義満は条件を無視したのです。さらに、他の合体条件も棚上げにしてしまいます。

南朝内部の対足利強硬派は、それ見たことかと思ったことでしょう。上皇自身も後悔したかもしれません。それでも上皇は我慢強く耐え忍びました。後年、吉田兼敦に心境を語っています。

「民の憂いを除くため、運を天に任せて決断したのだ」

義満が死んだあと、幕府の旧南朝無視は露骨になりました。両統迭立との条項にもかかわらず、後小松天皇の皇太子に身仁親王を立てたことは、あからさまな違約です。これにはさすがの上皇も我慢ならず、応永17年11月吉野へと出奔、旧南朝勢力に檄を飛ばしました。かくて北畠満雅の挙兵が起こります。

しかし幕府の迅速な措置により満雅は矛を収めてしまいました。打つ手のなくなった上皇は、応永23年9月頃に嵯峨野に戻ったようです。以後は大覚寺で余生を過ごし、応永31年4月12日に薨去。嵯峨鳥居本に御陵が治定されています(写真右)。

以降、旧南朝勢力は幕府に圧迫され続けます。特に6代将軍義教は公然と南朝皇胤断絶策を打ち出してきました。追い詰められた旧南朝勢力は禁欠の変を起こして神器を奪取、奥吉野へ籠もって抵抗を続けることになります。

後南朝の哀史は、まさにこの部屋から始まったと云えましょう。

 

懐かしいです。

京都の大学生時代、大覚寺には何度か参りました。
懐かしいです・・・。

先日、土佐へ帰国した際に思い出したので訪れたのが旧・春野町にある「森山八幡宮」です。
ここの祭神は応神天皇に並んで日野資朝・朝保・勝朝の3代とその後裔の藤原照清です。
父・日野資朝の仇を打つ阿新丸の話は有名ですよね。
阿新丸の兄・日野朝保は父の遺骨を京の葛野に葬り、幕府方の目を欺く為に八幡宮と称しました。
後の南北朝期、衰勢著しい南朝勢力の回復を図った朝保の子・日野勝朝は後村上天皇の死後、「八幡神」などを背負って廻国します。
(この「八幡神」とは祖父・日野資朝の魂代の事のようです。)
当地に着いたのは正平24年4月といわれ、当初は森山の領主であった徳弘安宗の館で厚遇されたようです。
後難を案じた安宗が八幡宮を建立して、勝朝は資朝と朝保を祀って神主となったといわれています。
この頃、南朝方も多かった当地の近隣領主らの勧請もあったものと思われます。
日野資朝の座像は指定文化財にもなっており、直垂と烏帽子姿で合掌なさっておられます。

祖父の資朝のように山伏姿で廻国する勝朝の姿が目に浮かびます・・・。

ご息災であられましょうか?

ご無沙汰いたしております。
1月以来お見かけしないもので心配いたしております。
もしご息災であられましたら、是非ご一報いただけましたら幸いです。

Re: ご息災であられましょうか?

> ご無沙汰いたしております。
> 1月以来お見かけしないもので心配いたしております。
> もしご息災であられましたら、是非ご一報いただけましたら幸いです。

ご無沙汰しております。何とか生きております(笑)。
まぁ3月の大震災のせいで魂が抜けてしまっていた、
ってことにしておきましょうか。ったく、熊沢伝説の
核心の場所でああなるとは思いもよらず。だからこそ
史蹟の現状保存は急務だなぁと改めて思ったわけですが。

また涼しくなる頃合いにちょくちょくと記事を更新して
いこうと思っておりますので、それまではお互いに
健康・安全に充分に注意してまいりましょう。
ご心配、ありがとうございます。

 

安心いたしました!

ご返信いただき、ありがとうございます。
ほっといたしました。

こちらも仕事が軌道に乗ってきて、何だかんだと忙しくなってきております。

この夏を乗り越えて、再び記事を拝見するのを楽しみにしております!
ではでは、また!

十津川郷よ・・・。

今回の台風災害は紀伊半島に酷い爪痕を残しましたね・・・。
特に十津川ではお世話になりましたので、所縁ある方々を案じておりました。
教育委員会の方々とはじめ、聞き取り調査他でお世話になった土地の方々・・・。
おかげ様でご本人方は安否の確認が取れましたが、ご縁者の方々には・・・。
私たち一般人が現地に入れるのは事態が落ち着いてからになろうかと思います。
もちろん所縁の有無に関わらず、被災された方々にはお見舞いを申し上げると共に
一日も早い復興をお祈りいたす次第です・・・。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

最近の記事

スポンサードリンク

こよみ

最近のコメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

点取り占い様

点取り占いブログパーツ

アルカナツール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。