南帝ラヂヲ

南朝・後南朝に関連する史蹟の現状を保存していきます。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我王墓

2009 - 08/23 [Sun] - 21:31

1251030701-我王墓.jpg
岡山県中部、備前と美作の国境に久米郡美咲町があります。山が連なりその間を川が流れる山あいの土地です。西側を流れる吉井川と東側の吉野川が出会うところが「飯岡」です。やや開けた水田地帯の真ん中に一本の木と、真新しい石碑群があります。これが我王墓といい、美作後南朝皇統の最後の親王である良懐親王の墓とされています。

時は江戸時代。美作植月に御所を構えて後醍醐帝以来の血脈を営々と伝えてきた美作後南朝皇統も、徳川幕府の隠蔽政策によりようやく民草に埋没しようとしていました。当時の当主は良懐親王といいました。身体がひときわ立派で膂力に優れ、王に相応しい方だったそうです。そのため、再び世に出る機会をうかがっていました。5代将軍徳川綱吉の頃です。

ある日のこと、親王は岡山西大寺の祭礼見物を思い立ち、従者と船に乗って吉野川を下っていきました。そして備前鴻の瀬にさしかかったところ、何の拍子か船が転覆してしまいます。親王は川に投げ出されました。一説に、従者によって刺されたともあります。すぐに助け出され植月に戻ろうとしましたが傷は重く、この飯岡まで来てついに力尽きてしまいます。親王は、運び込まれた民家で「我は王なり」と言って絶命したそうです。地元の民はこれを哀れんで遺骸を葬り、"我王墓"として拝んできたと伝わります。平成の世になって研究グループが墓所を整備し、美作後南朝の伝承や系図を刻んだ石碑を建てています。

伝承の真偽としては、美作後南朝伝承の根拠がやや希薄なために、あまり真実性はないように感じられます。ただ、飯岡という土地の周辺を見ると、この墓が南朝との関係があるのかもしれないとも思えます。

すなはち、飯岡の北西には柵原があります。ここは平成3年まで鉱山がありました。鉱床の発見は江戸慶長年間にまで遡る古い鉱山です。南朝の資金源が鉱物資源であり、鉱山技術を持った民とも繋がりを持っていたということはよく指摘されています。南北朝期には未発見だったとはいえ、山深いこの地域に、南朝の息のかかったそのような民がいたであろうことは大いに考えられることです。その民の代表のような立場にいた人物が、徳川幕府の鉱山支配に抵抗し、暗殺されたか何かでこの地に葬られたということはなかったのでしょうか。その人物と後南朝伝説が結びついたように思われてなりません。



大きな地図で見る

  

スポンサーサイト

近衛殿

2009 - 08/07 [Fri] - 23:38

1249655890-近衛殿3.jpg1249655889-近衛殿2.jpg1249655888-近衛殿1.jpg

岡山県津山市から北西に車で30分ほど走ると、鏡野町中谷に着きます。山間部に集落が点在している地域ですが、やや開けた箇所があり、「近衛殿」(このえでん)という、山村には不釣り合いな京風な地名がついています(写真左)。県道の傍らに小さな門があり(写真中)、その向こうに墓があります。墓碑銘に「関白左大臣近衛経忠公墓」と刻まれています(写真右)。近衛殿という地名は、近衛経忠が同地で死んだことに由来しています。

地元の伝に曰く、近衛経忠はこの地に落ち延びてきて南朝勢力の拡大を画していました。しかし北朝勢力に見つかって攻撃され進退窮まったので、やむなく大きな岩に座して腹を切って死んでしまいました。地元の民はこれを憐れみ、丁重に葬って供養してきたということです。

近衛経忠と言えば、後醍醐天皇に重用されて関白左大臣に任じられていました。大覚寺統・持明院統の双方に顔が利いていたようで、足利尊氏が持明院統の帝を擁立したときにも再度、関白に任じられています。

もっとも、当人は後醍醐天皇に恩義を感じていたのか、京を出奔して吉野に参じ、以降南朝の関白として重きをなしています。

ところで当時の南朝の戦略は北畠親房が担っていました。村上源氏としての極官を越える地位につき、辣腕をふるっていました。恐らく近衛経忠は面白くなかったことでしょう。その小さな対立が後に南朝内に深刻な裂け目となってあらわれます。いはゆる「藤氏一揆」がそれです。

親房は、義良親王を奉じて奥州に下り、該地の豪族を結集して鎌倉や京に攻め上るという策を実行に移します。そして伊勢大湊より出航しますが遠州灘沖で嵐に見舞われ、船団は散り散りになってしまいます。親房自身は常陸に流れ着き、やむなくその地で南朝勢力の拡大を期することになります。

関東の地には平将門討伐以来、藤原秀郷の子孫たちが蟠踞していました。小山・結城・小田・下妻・関といったところがそれです。藤原氏には氏長者という一門最高位の人物がおり、一族はその命令は絶対聞かなければならないことになっていました。そして氏長者は関白が兼ねていました。経忠はこれを利用したのです。

すなはち、経忠は親房の地位を否定して関東の藤原一族を自分の元に結集し、興良親王を奉じて第三勢力を築き上げようとしたのです。実際に使僧が経忠のもとより関東にやって来ていました。

しかし結局、この藤氏一揆は失敗に終わります。その後の経忠の消息はわかりません。南朝に戻り賀名生で死んだというのが支配的になっています。

その経忠がなぜに岡山の山奥で死んだことになっているのでしょうか。

美作には菅家七党という菅原道真の子孫の一族が力を持っていました。彼らの大部分が南朝に味方しました。そのためか、美作は実に南朝色が濃く感じられます。美作後南朝伝説然りです。あるいは当時備前で法華宗が勢力を持っていましたが、根付かせたのが大覚大僧正という僧でした。この僧が経忠の子息という説もありました。

近衛経忠ほどの大物でないにしても、南朝方の藤原一族公卿がこの地に隠れ住んだということはありそうです。



大きな地図で見る

 

 | HOME | 

最近の記事

スポンサードリンク

こよみ

最近のコメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

点取り占い様

点取り占いブログパーツ

アルカナツール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。