南帝ラヂヲ

南朝・後南朝に関連する史蹟の現状を保存していきます。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

万里小路藤房伝説2

2010 - 03/25 [Thu] - 22:00



妙心寺二世・授翁宗弼は、河内に少なくとも三つの観音寺を開いています。


一つは、南河内にある楠妃庵観音寺です。楠木正成が湊川で討死したのち、その妻久子は敗鏡尼と号しての地に隠棲しました。そして久子が没したのち、正儀が不二房を招いて庵の址に観音寺を建立したと伝わります。境内には久子の墓があります(写真左)。

二つ目は中河内、東大阪市にあります。JR徳庵駅の近くに「稲田の観音さん」と呼ばれる観音禅寺がそれです。江戸時代に復興された寺院ですが、元は授翁宗弼が大内義弘の後援を得て開いたものでした(写真中)。

南北朝当時の徳庵はおそらく湿地帯の中のやや乾いた土地だったのでしょう。徳庵城という城があり楠木正成配下の武将が在城していたようです。また徳庵納豆が名産で後村上天皇に献上されたとも伝わります。このように南朝色が濃い河内の真ん中に寺院を造るのですから、授翁と楠木氏の深い関係がうかがわれるわけです。

そして三つ目は北河内にあります。寝屋川市の西部の淀川沿い一帯は「仁和寺(にわじ)」といい、京都仁和寺の造営費用に充てられた荘園でした。その後、仁和寺荘は京都妙心寺の管理するところとなり、妙心寺二世の授翁宗弼も関わりを持つことになります。当時この一帯は、守口市佐太の来迎寺が後村上天皇の勅願寺となったことからもわかるように、南朝、とりわけ楠木氏の勢力下にありました。そして楠木正儀は、亡父33回忌追善として、授翁を迎えてこの地に観音寺を建立しました(写真右)。

先に見たように、授翁は大内義弘とも親しく、それ故に南北合体交渉にも関わっていたようです。後村上天皇の御代において、南朝は楠木正儀、北朝は細川頼之が代表となって合体交渉が行われたことがありました。その場所がこの観音寺だったという伝承があります。淀川を通じて京都に近く、また楠木正儀の勢力圏内にあるこの寺は立地的に申し分なく、二人が語り合ったという話も真実味があります。

河内や楠木氏とこれだけ深い縁を持った授翁宗弼だからこそ、万里小路藤房であるという説がでてきたのでしょう。事実のほどはわかりませんが、個人的には藤房であって欲しいと思います。

 

スポンサーサイト

 | HOME | 

最近の記事

スポンサードリンク

こよみ

最近のコメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

点取り占い様

点取り占いブログパーツ

アルカナツール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。