南帝ラヂヲ

南朝・後南朝に関連する史蹟の現状を保存していきます。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尊義親王墓

2010 - 04/30 [Fri] - 14:21




さらに奥に続く道を辿っていきます。沢に降り、再び対岸に渡ります。「尊義親王墓→」の道標に従って進み、左の丘を登っていきます。30mほど登ると、檀が設えてある上に石柱・石碑が見えます(写真左)。石柱には「尊義親王御墓」と彫られてあります(写真中)。

尊義親王は、別名・万寿寺宮とも空因法親王とも申し上げ、伝承によると、後亀山天皇皇子・小倉宮実仁親王の子息ということになっています。禁闕の変で神璽を奪取した後、まず近江君ケ畑に潜伏、次いで川上村に潜幸して八幡平に御所を置き、即位の礼を執り行ったとされています(中興天皇)。親戚筋の円満院宮円胤法親王(還俗して義有王)を征夷大将軍に、楠木正秀を軍師に任じて、主に紀伊方面で活発に行動させます。しかし義有王らが紀伊湯浅付近で討ち死にすると、八幡平御所も幕府軍に狙われるということで、奥地の隠し平行宮に潜幸したわけです。当時尊義親王には二人の子がありました。後の自天皇(尊秀王)と河野宮(忠義王)です。三人の貴人がいた場所ということで、この地を特に「三之公」と言うわけです。

尊義親王は三之公行宮で南朝復興を画策していましたが、病を得てついに1455年、崩御してしまいます。これを悲しんだ後南朝一統と里人たちは、遺骸をこの地に葬って供養しました。実際お墓とされているこの場所は、沢がすぐ近くを流れているにもかかわらずほとんどその音がしません。墓所にふさわしい安眠の地と言えましょう。

さて15分ほど休息をとり、三之公行宮を後にします。帰りは下り勾配が主ですので足が止まることなく歩き続けます。ただ道幅は細いので転ばないように気をつけねばなりません。40分ほどかけて明神滝出合にまで戻りました。

せっかくなので、かなりの急勾配を下って明神滝見物に行きます。途中に二階建ての高さほどもある巨岩があります。後に知るところによると、この岩は「宝」と言って神璽をその裂け目に隠していたとか。5分ほどで河原に着きます。滝は圧倒的な水量をもって轟音をたてて目の前に落ちています(写真右)。しばらくぼーっと眺めていると、疲れもかなり癒されました。元気を回復して明神滝を後にします。

そして登山口に戻ります。時刻は16:30を過ぎていました。体力も気力もかなり使ったのでヘトヘトになりましたが、一生に一度行けるかといった秘境の聖地を拝した満足感がありました。



大きな地図で見る
 

スポンサーサイト

三之公行宮

2010 - 04/29 [Thu] - 09:57




国道169号線は、奈良市より奥吉野東部を縦断して新宮市に至る幹線道路です。沿道には、例えば御首載石や金剛寺など、往時を伝える史蹟が点在しています。その金剛寺のある神之谷(国道では北和田)から2kmほど南下すると、大迫ダムが姿を現します。数々の史蹟を底に沈めた憎っくいダム(笑)ですが、ここを左折しダムの上を渡って県道224号線に入ります。入之波温泉を抜けダム湖に沿って走ること20分ほどで林道との分岐に着きます。この辺りが「御前申す」で、後南朝の番所があったところです。

左折して林道に入ります。穴ぼこだらけの荒れた道を走ること10分、鉄橋が姿を現します。三之公出合です。鉄橋を渡り鋭角に右折します。舗装もよくなった道を10分ほど走ると、数軒の民家のある小さな集落に着きます。もっとも、人が住んでいる気配はありません。川向こうにやや開けた平坦な土地があり、そちらにも民家が建っています(写真左)。これがかつて尊義王の御所のあった「八幡平」です。かつては道が八幡平の方を通っていたようですが、現代では橋がありません。史蹟に行くには川を歩いて渡らねばならず、次の宿題としておきます。

少し行くとバイオなトイレがあり、さらに行くとすぐに林道の終点に着きます。左手に階段がついています。これがかくし平登山道の入口です(写真中)。身支度を終え山之神に挨拶をしていよいよかくし平に向けて一歩を踏み出します。時刻は、ちょうど13:00でした。

始めの階段を登りきると、アップダウンの少ない山道となります。ただ道幅は狭く、人一人が通れるくらいです。時折木製の桟橋がかかっています。落ち葉が道を埋めていて、足を滑らせたら谷底へ直行というような気の抜けない箇所もたくさんあります。30分ほどで明神滝へ下る道との分岐点に着きます。木の間隠れに見える明神滝は水量も多く雄大な姿でしたが、間近まで寄るには急な下りをおりねばならず(裏を返せば元の道に戻るには急な登りとなる)、帰りに寄ることとして、先に進みます。

ここから勾配がきつくなり、登り坂が長く続いていきます。太り気味(汗)の管理人にはかなり辛く、小休止の回数が増えます。ただ、滝がちらちら見えたり、山腹いたるところに露出する巨岩に感心したり、涼風が吹き渡る場所があったりで、休むのも楽しかったりします。

明神滝出合から小1時間ほど歩きます。右下に二筋の滝が見えるところに来ると、疲れた身体に追い討ちをかけるような今まで以上に急な登りがあります。ひいひい言いながら這い登り、最後の木の階段を登ると、その先はなだらかに下って、小さな沢の河岸に続いています。苔蒸した木のベンチがあり、その側に「かくし平入口」という道標が立っています。ようやく目指す「かくし平」に着きました!

途端に元気が戻ってきます(笑)。道標の指す方向が曖昧なので少し迷いますが、沢を渡ると登り道が続いています。それを登りきると、山の中では意外なほどの広さの平坦な土地になっています。その真ん中に、腰までほどの大きさの石碑が建っています(写真右)。「三之公行宮址」と彫られています。まさにここが三之公行宮です。到着時刻は14:40でした。

優に20畳はある広さです。金剛寺や瀧川寺の本堂ほどではありませんが、一般民家よりははるかに大きい建物なら建てられそうです。奥は片側一車線の道路ほどの広さの土地が100mくらい続いており、警護の武者や側近公卿の詰所があったことが想像されます。あまりに山奥深いので単に伝承が残っているだけかと思っていたのですが、予想以上に広い実際の土地の様子に、御所があったと言われても信じるに足る場所でした。

ちなみに、明治末期にこの地を造林するために掘り返しを行ったところ、朱塗りの椀片や薙刀片や小刀が出土したと言います。時代の分析がなされていないのが残念ですが、御所があったことを物語ってくれていると感じます。



大きな地図で見る

  

藤沢遊行寺

2010 - 04/08 [Thu] - 23:09



神奈川県藤沢市は、鎌倉市のすぐ西にある人口40万人を超える大都市です。その発展の源となったのが、この清浄光寺(通称遊行寺)です。開創は正中2(1325)年に遡ります。一遍上人より数えて4代目の呑海上人がこの地に逗留した際に、土地の豪族に屋敷を提供されたのが始まりです。以来、時宗の総本山として崇敬を集め、藤沢もその門前町として発展してきました。

さて、南北朝当時の時宗はかなり重要な役割を果たしていました。太平記にも度々登場する、陣中僧です。これは戦場において戦死者を弔う僧のことですが、もちろんその働きだけではなかったでしょう。時宗は別名を踊り念仏と言い、漂泊の宗教でした。当然に日本各地の情勢に詳しくなります。各武将が自陣に時宗僧を置きたがったのも、まさにその情報収集能力の高さ故でした。これは南朝の宗教戦略において最も顕著に現れます。

後醍醐天皇は、曹洞宗と修験道の保護に意を用いました。後村上天皇も、普化宗(虚無僧)を味方につけていました。これらはすべて漂泊を基調としています。時宗を取りこまないわけがありません。

そこで重要な働きをしたのが尊観法親王でした。親王は亀山天皇の皇孫で、大覚寺統の誼で南朝に参じ、一説に後村上天皇の猶子となっています。正平15(1360)年にこの遊行寺で出家し、以降、日本各地の漂泊を重ねますが、元中4(1387)年に12世遊行上人に就きました。この時期の遊行寺はかなり南朝色が濃いように感じられます。後醍醐天皇の肖像画が残っていることや、時衆過去帳に南帝や南朝忠臣の名が記されていることがその証しでしょう。瀧川政次郎博士も遊行寺に注目していました。南朝の敗残者が多く逃げ込み、これを保護したこともあったことでしょう。このような寺ですので、肖像画や過去帳の他にも当時の遺物が残っています。

○敵味方供養碑(怨親平等碑、写真中)
東門そばにあります。元は、上杉禅秀の乱にて重傷を負い遊行寺にて自害した扇谷上杉氏定の墓でしたが、乱終息後の応永25(1418)年に、乱の敵味方を共に葬って供養の石塔を建てたものです。上杉禅秀父子も埋葬されているようです。

○宇賀神(写真右)
本堂裏の歴代上人墓の左手にあります。新田一族・得川有親の守り本尊でした。有親は12世尊観法親王の弟子となり名を徳阿弥と改めました。そして応永3(1396)年にこの地に勧請したということです。この徳阿弥の子孫が徳川家康ということで、遊行寺は江戸幕府の庇護を受けました。

この他、長生院に小栗判官の墓がありますが、これについては違う機会に触れたいと思います。

 

大きな地図で見る

 

 | HOME | 

最近の記事

スポンサードリンク

こよみ

最近のコメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

点取り占い様

点取り占いブログパーツ

アルカナツール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。