南帝ラヂヲ

南朝・後南朝に関連する史蹟の現状を保存していきます。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五井八面神社

2010 - 09/16 [Thu] - 14:25



江戸より京に向けて東海道を上ると、現在の愛知県に入って最初の宿場が二川、次に吉田、そして御油、赤坂と続きます。現代の東海道は国道1号線ですが、旧東海道も並行しています。蒲郡信用金庫そばの"御油一里塚"を過ぎて西に行くこと500mほど、住宅地の中に、それと知らなければまずは気づかないような、一見どこにでもあるような小さな社があります。名称は「八面神社」です(写真左)。

本殿向かって右に小さな看板が掲げてあります(写真中)。曰く、

「楠社
御祭神  楠正行
天文年間奈良吉野蔵王堂前
正成正朱と別れ供七武将と
計八名で一時尼寺如意輪寺
に落着き後に東三河まで落
人になって現在に至る
当時社殿建築の誉あり伊奈
色野大工二名(太夫)で建築す
天文、延宝、明治の棟札を
現存す当時社殿横に楠の苗
一本を植り途中火災に合い
一部残り現在に至る
現社殿は昭和三十八年改築
祭礼は例年九月二十七日」

すなはち、楠木正行を祀った神社だと云うのです。

そもそも管理人がこの社を訪れたのは、"楠木正儀"を祀っていると聞いたからでした。三河吉野朝の伝に曰く、正儀は、三河王田殿へ御所を構えた長慶天皇を守って、三河の赤坂落合の地で足利軍と交戦し、戦い利あらず同地で戦死したと。後にこの八面神社に正儀始め七人の忠臣を祀ったとあったのです。

正儀は"河内落合"の合戦に敗れて以降、歴史の表舞台から姿を消し、どうやら河内千早城で病死したと考えられています。ですので、本来ならこの三河に伝わる伝承は一笑に付されてしかるべきものです。しかし尾張の三法神社のように地元に大切にされている場合もあり、三河はどうかと思って来てみたのでした。楠木正儀でなくて残念(笑)でしたが、楠木正行だったことは嬉しい誤算でした。

三河一帯には楠木氏の伝承が点在しています。正成・正季・正儀・正勝と、一族総出演です(笑)。五井八面神社の楠木正儀のようにやや無理のあるものもありますが、それらの伝承の根底には、楠木一族が確かに三河にやって来たことがあるように思われます。足助氏との関係があるのか、それとも三河萬歳か、河内鋳物師か。背景事情を考えるのが楽しくなる場所でした。

なおその夜、泊まったホテルでテレビを見ていると、何と十津川の楠木正勝の墓が放映されていました(写真右)。毎年4月に墓供養が行われているそうです。国営放送のハイビジョン番組だったので、家では見れないものでした。なかなか運命的な偶然でした(笑)。

 

スポンサーサイト

 | HOME | 

最近の記事

スポンサードリンク

こよみ

最近のコメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

点取り占い様

点取り占いブログパーツ

アルカナツール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。