南帝ラヂヲ

南朝・後南朝に関連する史蹟の現状を保存していきます。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光福寺

2007 - 10/16 [Tue] - 15:53

20071016155504
20071016155503
野長瀬一族の墓で触れた尊雅王が薨去した地なのが、ここ熊野市飛鳥町神山の光福寺です。境内には尊雅王の墓と伝わる石龕や火葬地があります。

ところでこの寺は元は別の寺名でしたが、尊雅王の諡が興福院だったために、光福寺となったということでした。ではその前身の寺を開いたのは誰かと言いますと、平維盛なのです。つまりこの地は平家落ち武者伝説と後南朝伝説が交叉する、伝説の解明には非常に興味深い所と言えるでしょう。

 

まいどです。
木地屋の伝承は?

もちろん

関与する。しかしこの地域での木地師の
実態を知らんと、どう関わってくるかは
わかりません…。

 

ここって

熊沢天皇のお墓もあるのですか?

あっ

コメントを壮絶に忘れてた(^o^;。
熊澤天皇のお墓は…確か作られたとか、そんな話があったような覚えがある。
ガソリン価格が下がったことにより、あっちの方に行くかも知れんので、その時に確認するべ。

 

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nanteo.blog47.fc2.com/tb.php/21-8a02f27d

 | HOME | 

最近の記事

スポンサードリンク

こよみ

最近のコメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

点取り占い様

点取り占いブログパーツ

アルカナツール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。