南帝ラヂヲ

南朝・後南朝に関連する史蹟の現状を保存していきます。

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三之公行宮

2010 - 04/29 [Thu] - 09:57




国道169号線は、奈良市より奥吉野東部を縦断して新宮市に至る幹線道路です。沿道には、例えば御首載石や金剛寺など、往時を伝える史蹟が点在しています。その金剛寺のある神之谷(国道では北和田)から2kmほど南下すると、大迫ダムが姿を現します。数々の史蹟を底に沈めた憎っくいダム(笑)ですが、ここを左折しダムの上を渡って県道224号線に入ります。入之波温泉を抜けダム湖に沿って走ること20分ほどで林道との分岐に着きます。この辺りが「御前申す」で、後南朝の番所があったところです。

左折して林道に入ります。穴ぼこだらけの荒れた道を走ること10分、鉄橋が姿を現します。三之公出合です。鉄橋を渡り鋭角に右折します。舗装もよくなった道を10分ほど走ると、数軒の民家のある小さな集落に着きます。もっとも、人が住んでいる気配はありません。川向こうにやや開けた平坦な土地があり、そちらにも民家が建っています(写真左)。これがかつて尊義王の御所のあった「八幡平」です。かつては道が八幡平の方を通っていたようですが、現代では橋がありません。史蹟に行くには川を歩いて渡らねばならず、次の宿題としておきます。

少し行くとバイオなトイレがあり、さらに行くとすぐに林道の終点に着きます。左手に階段がついています。これがかくし平登山道の入口です(写真中)。身支度を終え山之神に挨拶をしていよいよかくし平に向けて一歩を踏み出します。時刻は、ちょうど13:00でした。

始めの階段を登りきると、アップダウンの少ない山道となります。ただ道幅は狭く、人一人が通れるくらいです。時折木製の桟橋がかかっています。落ち葉が道を埋めていて、足を滑らせたら谷底へ直行というような気の抜けない箇所もたくさんあります。30分ほどで明神滝へ下る道との分岐点に着きます。木の間隠れに見える明神滝は水量も多く雄大な姿でしたが、間近まで寄るには急な下りをおりねばならず(裏を返せば元の道に戻るには急な登りとなる)、帰りに寄ることとして、先に進みます。

ここから勾配がきつくなり、登り坂が長く続いていきます。太り気味(汗)の管理人にはかなり辛く、小休止の回数が増えます。ただ、滝がちらちら見えたり、山腹いたるところに露出する巨岩に感心したり、涼風が吹き渡る場所があったりで、休むのも楽しかったりします。

明神滝出合から小1時間ほど歩きます。右下に二筋の滝が見えるところに来ると、疲れた身体に追い討ちをかけるような今まで以上に急な登りがあります。ひいひい言いながら這い登り、最後の木の階段を登ると、その先はなだらかに下って、小さな沢の河岸に続いています。苔蒸した木のベンチがあり、その側に「かくし平入口」という道標が立っています。ようやく目指す「かくし平」に着きました!

途端に元気が戻ってきます(笑)。道標の指す方向が曖昧なので少し迷いますが、沢を渡ると登り道が続いています。それを登りきると、山の中では意外なほどの広さの平坦な土地になっています。その真ん中に、腰までほどの大きさの石碑が建っています(写真右)。「三之公行宮址」と彫られています。まさにここが三之公行宮です。到着時刻は14:40でした。

優に20畳はある広さです。金剛寺や瀧川寺の本堂ほどではありませんが、一般民家よりははるかに大きい建物なら建てられそうです。奥は片側一車線の道路ほどの広さの土地が100mくらい続いており、警護の武者や側近公卿の詰所があったことが想像されます。あまりに山奥深いので単に伝承が残っているだけかと思っていたのですが、予想以上に広い実際の土地の様子に、御所があったと言われても信じるに足る場所でした。

ちなみに、明治末期にこの地を造林するために掘り返しを行ったところ、朱塗りの椀片や薙刀片や小刀が出土したと言います。時代の分析がなされていないのが残念ですが、御所があったことを物語ってくれていると感じます。



大きな地図で見る

  

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

最近の記事

スポンサードリンク

こよみ

最近のコメント

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

点取り占い様

点取り占いブログパーツ

アルカナツール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。